サイト内検索

  • 病院概要
  • アクセスマップ
  • 調達関係情報
  • お問い合わせ
  
文字の大きさ 小 中 大
北海道岩見沢市4条東16丁目5番地
当院について

平成30年度 北海道中央労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 10 15 21 90 159 425 739 655 185
当院の入院患者さんは、60歳以上の患者さんの占める割合は全体の87.1%、80歳以上の患者さんが36.5%と、比較的ご高齢の患者さんが多く占めています。
40歳代以下の患者さんは全体の6.0%を占めており、各年代とも昨年とほぼ同様の内訳になっています。
年代別の主な疾患は、60歳以上では、狭心症、肺の悪性腫瘍、心不全などであり、80歳以上では、心不全、肺炎などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 54 4.33 3.43 1.85 73.19
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 53 2.96 2.67 0.00 68.32
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 37 20.81 19.06 5.41 78.11
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROPスコア1 30 19.10 13.46 0.00 84.17
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 33.53 20.92 36.67 77.83
2018年度の内科の退院患者数は1,130人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の67.4%、80歳以上の患者さんが30.0%、40歳代以下の患者さんが2.7%となっています。
※労災患者を含まない。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 83 7.99 5.55 3.61 70.04
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 38.05 17.66 8.33 83.00
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 54 43.87 24.68 5.56 85.28
050050xx02030x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 51 13.73 9.76 0.00 72.57
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 18.06 11.01 5.56 80.61
2018年度の循環器科の退院患者数は766人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の66.3%、80歳以上の患者さんが32.3%、40歳代以下の患者さんが1.4%となっています。
※労災患者を含まない。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 69 2.09 2.85 0.00 66.97
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 52 7.21 4.96 0.00 67.17
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 31 3.16 10.62 0.00 69.71
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等28あり 25 3.12 5.34 0.00 69.76
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 20 3.05 4.41 0.00 66.05
2018年度の外科の退院患者数は706人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の69.7%、80歳以上の患者さんが23.0%、40歳代以下の患者さんが7.4%となっています。
※労災患者を含まない。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 28 61.71 19.61 3.57 80.32
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 20 18.30 5.68 5.00 69.20
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 17 67.88 26.30 5.88 82.00
180850xx99xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 手術なし - - 18.44 - -
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 手術・処置等2なし - - 10.17 - -
2018年度の整形外科の退院患者数は289人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の63.3%、80歳以上の患者さんが29.8%、40歳代以下の患者さんが6.9%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、患者数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 33 6.76 5.10 0.00 68.76
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.43 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.04 - -
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり - 7.37 - -
030380xxxxxxxx 鼻出血 - - 5.56 - -
2018年度の耳鼻咽喉科の退院患者数は84人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の58.3%、80歳以上の患者さんが22.6%、40歳代以下の患者さんが19.1%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、患者数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし - - 6.40 - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 7.40 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 7.20 - -
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - - 8.65 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)手術・処置等2なし - - 19.01 - -
2018年度の泌尿器科の退院患者数は59人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の71.2%、80歳以上の患者さんが18.6%、40歳代以下の患者さんが10.2%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、各症例に対して患者数が10未満のため、「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 22 67 14 24 1 7
乳癌 - - - - - 25 1 7
肺癌 15 - 14 58 40 29 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者数を初発のUICC病期分類別および再発の分類で集計しています。
(UICC病期分類:国際対がん連合によって定められた分類)
①原発巣の大きさと進展度
②所属リンパ節への転移状況
③遠隔転移の有無
①~③により各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類

2018年度は、肺癌と大腸癌の症例を多く診ています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 9.33 52.83
中等症 102 21.55 80.97
重症 22 25.00 83.73
超重症 10 30.00 79.90
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、治療方針決定のためA‐DROPスコアを用い、軽症~超重症の4段階で評価・表記しています。
重症度分類の核因子が1つでも不明な場合は「不明」と分類しています。

2018年度は中等症の患者数が最も多くなっています。加えて、重症化するにつれて平均在院日数が長い傾向が見られます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
脳梗塞の患者さんについて、集計しています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、患者数が10未満のため、「-」で表示しています。

当院では、脳梗塞の診療を行うことができる脳神経外科や神経内科がないため、専門的な治療が必要となった場合は、地域の医療機関と連携して
転院などの対応を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 53 0.91 1.06 0.00 68.47
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 10 18.50 27.80 10.00 75.70
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) - - - - -
2018年度の内科で手術を実施した患者数は88人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の85.2%、80歳以上の患者さんが19.3%、40歳代以下の患者さんが5.7%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、手術件数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 69 8.07 5.70 2.90 72.65
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 30 11.47 16.83 0.00 79.67
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
2018年度の循環器科で手術を実施した患者数は147人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、95.2%、80歳以上の患者さんが36.7%、40歳代以下の患者さんが0.0%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、手術件数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 66 0.06 1.05 0.00 66.80
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 53 2.06 5.47 1.89 66.79
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 2.21 5.21 0.00 63.74
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 4.86 20.00 0.00 76.00
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
2018年度の外科で手術を実施した患者数は332人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の76.5%、80歳以上の患者さんが20.5%、40歳代以下の患者さんが11.5%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、手術件数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 18 10.06 60.94 5.56 79.89
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 14 4.86 37.07 7.14 70.36
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 14 1.07 7.86 0.00 64.36
K068-2 関節鏡下半月板切除術 - - - - -
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) - - - - -
2018年度の整形外科で手術を実施した患者数は107人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の81.3%、80歳以上の患者さんが29.9%、40歳代以下の患者さんが13.1%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、手術件数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K358 上顎洞篩骨洞根治手術 - - - -
K352-2 鼻内上顎洞根治手術 - - - - -
K3892 咽頭・声帯ポリープ切除術(直接咽頭鏡又はファイバースコープによるもの) - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K353 鼻内篩骨洞根治手術 - - - - -
2018年度の耳鼻咽喉科で手術を実施した患者数は14人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の50.0%、80歳以上の患者さんが0.0%、40歳代以下の患者さんが35.7%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、各手術件数に対して患者数が10未満のため、「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 10 0.00 4.30 0.00 75.60
K783‐2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術) - - - - -
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - - -
2018年度の泌尿器科で手術を実施した患者数は28人です。
そのうち、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の82.1%、80歳以上の患者さんが14.3%、40歳代以下の患者さんが14.3%となっています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、手術件数が10未満の症例については「-」で表示しています。
※労災患者を含まない。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置等の合併症」の指標です。
入院の契機となった病名との同一性、症例数、発生率を掲載しています。
病院情報の公表の集計条件に基づき、各傷病名に対して患者数が10未満のため、「-」で表示しています。
更新履歴