平成28年度 北海道中央労災病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 22 26 101 157 461 641 557 104
 当院の入院患者さんは、60歳以上の患者さんの占める割合は全体の85.0%、80歳以上の患者さんが31.9%と、比較的ご高齢の患者さんが多く占めています。40歳代以下の患者さんは、全体の7.4%を占めています。年代別の主な疾患は、60歳以上では、肺の悪性腫瘍、心不全、狭心症などであり、80歳以上では、心不全、肺炎、肺の悪性腫瘍、大腿骨骨折などであり、40歳代以下では、肺の悪性腫瘍、肺炎などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 40 27.08 19.92 2.50 77.85
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 37 8.00 3.68 0.00 73.70
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 28 20.21 12.35 3.57 72.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 28.29 21.25 10.71 83.89
100070xx99xx100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 26 20.08 14.61 0.00 61.92
2016年度の内科の退院患者数は、725人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の88.8%、80歳以上の患者さんが41.0%、40歳代以下の患者さんが5.9%となっています。
※労災患者を含まない。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 副傷病なし 51 10.18 5.94 0.00 69.45
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 50 48.86 25.02 2.00 80.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 42.98 17.95 4.35 82.24
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 14.58 7.82 11.54 80.35
050210xx97000x 除脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 17.81 11.38 3.85 81.42
2016年度の循環器科の退院患者数は、427人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の90.4%、80歳以上の患者さんが42.2%、40歳代以下の患者さんが4.0%となっています。
※労災患者を含まない。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 81 2.44 3.34 0.00 67.86
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 24 4.67 4.41 0.00 63.13
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 20 3.80 4.56 0.00 65.35
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 11.00 9.08 0.00 79.42
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 16.18 8.28 11.76 74.06
2016年度の外科の退院患者数は、617人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の80.1%、80歳以上の患者さんが16.7%、40歳代以下の患者さんが9.9%となっています。
※労災患者を含まない。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 30 47.20 20.57 3.33 80.77
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 24 14.67 5.49 0.00 66.96
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 21 63.24 27.63 4.76 87.24
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)腱縫合術等 11 14.64 11.91 0.00 60.91
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 11 35.82 20.64 18.18 67.91
2016年度の整形外科の退院患者数は、220人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の79.5%、80歳以上の患者さんが31.4%、40歳代以下の患者さんが9.5%となっています。
※労災患者を含まない。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 13 7.69 5.24 0.00 65.85
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.50 - -
030380xxxxxxxx 鼻出血 - - 5.84 - -
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 - - 8.12 - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.47 - -
2016年度の耳鼻咽喉科の退院患者数は、37人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の59.5%、80歳以上の患者さんが13.5%、40歳代以下の患者さんが29.7%となっています。
※労災患者を含まない。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 5.92 7.44 0.00 75.46
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.98 - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 7.85 - -
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出等 経尿道的手術等 - - 5.75 - -
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし - - 5.25 - -
2016年度の泌尿器科の退院患者数は、83人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の91.6%、80歳以上の患者さんが33.7%、40歳代以下の患者さんが1.2%となっています。
※労災患者を含まない。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 14 75 11 27 1 7
乳癌 - - - - - 33 1 7
肺癌 14 - 23 42 35 44 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者数を初発のUICC病期分類別および再発の分類で集計しています。
(UICC病期分類:UICC病期分類国際対がん連合によって定められた分類)
①原発巣の大きさと進展度
②所属リンパ節への転移状況
③遠隔転移の有無
①~③により各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 10.20 54.10
中等症 65 21.40 79.91
重症 19 22.95 84.37
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の患者さんについて、病型別にそれぞれ発症3日以内とその他に分けて集計しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39 1.64 1.26 0.00 68.79
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
2016年度の内科で手術を実施した患者数は78人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の87.2%、80歳以上の患者さんが23.1%、40歳代以下の患者さんが5.1%となっています。
※労災患者を含まない。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 37 9.00 6.00 0.00 68.46
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 10.79 15.50 7.14 79.71
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.54 8.85 0.00 83.77
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
2016年度の循環器科で手術を実施した患者数は98人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の86.7%、80歳以上の患者さんが36.7%、40歳代以下の患者さんが4.1%となっています。
※労災患者を含まない。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 78 0.21 1.26 0.00 67.81
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 5.52 10.93 0.00 63.33
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 22 1.14 4.09 0.00 62.00
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 10 2.60 17.20 0.00 63.70
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除等) 10 0.60 0.60 0.00 59.20
2016年度の外科で手術を実施した患者数は326人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の79.1%、80歳以上の患者さんが15.0%、40歳代以下の患者さんが10.1%となっています。
※労災患者を含まない。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0483 骨内異物(挿入物を含む) 27 1.07 7.63 0.00 64.81
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 19 2.79 30.53 0.00 64.89
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 15 4.20 62.27 6.67 88.67
K068-2 関節鏡下半月板切除術 10 1.50 11.70 0.00 59.60
K0731 間接内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 10 3.60 43.50 10.00 70.70
2016年度の整形外科で手術を実施した患者数は138人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の76.1%、80歳以上の患者さんが23.9%、40歳代以下の患者さんが11.6%となっています。
※労災患者を含まない。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) - - - - -
K3382 鼻甲介切除術(その他) - - - - -
K392-2 咽頭蓋嚢腫摘出術 - - - - -
2016年度の耳鼻咽喉科で手術を実施した患者数は11人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の36.4%、80歳以上の患者さんが9.1%、40歳代以下の患者さんが63.6%となっています。
※労災患者を含まない。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 20 0.10 5.90 0.00 73.45
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術) - - - - -
K805 膀胱瘻造設術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
2016年度の泌尿器科で手術を実施した患者数は41人です。
その内、60歳以上の患者さんが占める割合は、全体の90.2%、80歳以上の患者さんが24.4%、40歳代以下の患者さんが0%となっています。
※労災患者を含まない。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 12 0.58
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
「播種性血管内凝固症候群」 「敗血症」 「その他の真菌感染症」 「手術・処置等の合併症」の指標です。
入院の契機となった病名との同一性、症例数、発生率を掲載しています。
更新履歴
2016/9/30
平成27年度「病院情報の公表」における病院指標を公開しました。
2017/9/28
平成28年度「病院情報の公表」における病院指標を公開しました。