独立行政法人労働者健康安全機構  北海道中央労災病院

  • 文字の大きさ
  • s
  • s
  • s
  • 北海道岩見沢市4条東16丁目5番地

サイト内検索

病気のはなし

泌尿器の病気

血尿

 血尿とは尿に血液が混入した状態をいいます。大きく肉眼的血尿と顕微鏡的血尿に分けられます。
 肉眼的血尿は、血液の混入が多い場合に目で見てわかる血尿で、尿の色が薄く赤みがかった色~黒に近い赤まで様々です。
 顕微鏡的血尿は、肉眼的な尿の色ではわかりませんが、尿を顕微鏡で見た場合に、尿中に赤血球が混入している場合です。
このほかに健康診断でよく行われている尿検査で尿潜血反応があります。尿中のヘモグロビンを検出する検査で必ずしも潜血陽性が血尿というわけではありませんが、スクリーニングに用いられています。
 尿は腎臓で生成され、尿管、膀胱、尿道を通って排出されます。このいずれかの部位で出血があれば最終的に血尿として認められます。
 血尿の原因としては、腎炎などの糸球体疾患、膀胱炎など尿路感染、膀胱癌等の腫瘍、尿路結石、尿路の外傷、また、抗凝固薬など内服している方などの凝固異常でも血尿になることがあります。
 血尿だけが出ることもありますし、膀胱炎の様に排尿時痛や頻尿といった他の症状を伴って血尿になることもあります。
血尿が出てもすぐに消えたと安心される方がいます。また、血尿が出ても痛くもかゆくもないと放っておかれる方もいます。しかし、例えば膀胱癌は血尿だけで他の症状がないことが多い疾患です。顕微鏡的血尿であっても治療が必要な疾患があります。肉眼的血尿では尚更です。原因はいろいろありますので、血尿が出たら必ず医療機関を受診してください。

泌尿器科 大下倉藤生

ページトップへ

スマートフォンサイトへ