独立行政法人労働者健康安全機構  北海道中央労災病院

  • 文字の大きさ
  • s
  • s
  • s
  • 北海道岩見沢市4条東16丁目5番地

サイト内検索

当院について

院長挨拶

   院長 宮本 顕二

-労災病院はどなたでも受診できる病院です-

 当院は日本最大の産炭地であった北海道空知地区のじん肺患者を診療する目的で昭和30年に公的基幹病院として設立されました。現在も引き続きじん肺やクロム肺がん、振動病などの労災疾病の診断・治療に取り組んでいます。その一方で、南空知の一般中核病院として積極的に地域医療に取り組んでいます。
 最近は予防医学にも力を入れてきました。健康診断や人間ドックによる病気の早期発見と治療、市民公開講座による生活習慣病予防の啓発活動などです。その結果、市民の皆様の健康に対する意識が変わってきたと思います。皆様が健康な生活を続けることができるよう、予防医学の立場でお手伝いしていきたいと思います。
 さて、超高齢社会にあって当然ながらお年寄りが罹りやすい病気が増えてきました。たとえば、肺炎(死因の第2位。多くは高齢者の誤嚥性肺炎)、がん、高血圧症、骨粗鬆症、転倒による骨折などです。当院ではこれらの病気に対し、専門の医師と熟練した看護師が治療にあたっております。今後ますます増えるこれらの病気の患者さんに対して、皆様から信頼される医療をしっかりとやっていく所存です。
 新病院オープンを目指して、南空知の将来を見据えた医療を行っていきます。市民の皆様が安心して受診できる病院として今後も引き続き努力して参ります。是非、期待していただきたいと存じます。

           平成26年4月  院長 宮本 顕二

ページトップへ

スマートフォンサイトへ